エアコンクリーニングを自分でやってみたので掃除の仕方を説明します

エアコンクリーニング自分でやる仕方 暮らし
  • エアコンから出てくる空気が臭い
  • エアコンのカビが気になるけど
  • エアコン掃除を業者に頼むのはお金がかかる
  • エアコンの分解洗浄くらい自分でできないか

エアコンをつけっぱなしにする夏、そこから出てくる空気がいやーな臭いになってしまったので、本格的に掃除をすることを決意しました。

掃除のやり方を調べてみると、大掛かりにはなるものの業者に頼まず自分でもなんとかできそうだと判断しました。

フィルターだけでなく前面パネル、ルーバー、カバーを全部ばらし熱交換器とローラーを露出させて内部洗浄を実行。

本気で掃除しました

エアコン清掃前
清掃前
エアコン清掃後
清掃後

本記事では、私がエアコンクリーニングに使用した道具とエアコンクリーニングのやり方を詳しく画像付きで記録していきます。

苦労したところ等、感想もしっかり書いていきます

道具はほとんどが100均で揃ったので、かかった費用は1500円くらいでした。時間はかかりますが、業者に頼むより全然安上がりで終えることができました。

あなたも自力でやるエアコンクリーニングに興味があるのでしょうから、私の例を見てみて、できそうかどうか判断してください。

エアコンがきれいになると、空気がきれいになって健康にも良いでしょうし、自分でやれば安上がりで最高ですよね

それでは使用した道具から順番に見ていくことにしましょう。

エアコンの内部洗浄には故障したり、発火したりする恐れがあります。エアコン洗浄をする際はそのリスクを理解したうえで自己責任で行っていただくようお願いいたします。

エアコン掃除に使用するグッズ

エアコンクリーニンググッズ

上記の写真は100均でそろえたエアコンクリーニンググッズです。これらを含めそろえたものをリストにしていきます。

エアコン清掃グッズ
  • ポリ袋(養生用・100均)
  • バイクカバー(養生用・100均)
  • 養生テープ(養生用・100均)
  • 霧吹き(洗浄用・100均)
  • 柄のついたブラシ類(洗浄用・100均)
  • エアコン洗浄スプレー(熱交換器洗浄用)
  • 中性洗剤(ローラー・吹き出し部洗浄用)
  • 脚立(足場用)
  • 手袋(保護用)
  • マスク(保護用)

今回のエアコン清掃で重要なのは、エアコン洗浄スプレーです。

これが無いとフィン(熱交換器)の掃除ができません。

また今回使った道具の中でMVPはペットボトルを使った霧吹きです。

霧吹き

当初は100均の霧吹きで手動で水をかけて洗剤を落としていたのですが、この作業がスーパー疲れます。

上記の掃除スプレーを使うことによってこの労力が5分の1くらいになりました。とても便利でした。

ガーデニング用の噴霧器を使う方もいるみたいですね

以上の道具を使ってエアコン洗浄をしていきます。

エアコン掃除を自分でやるやり方

では道具が整ったところでいよいよエアコン掃除を開始していきます。行程はざっくり下の4ステップです。

  1. 分解
  2. 養生
  3. 洗浄
  4. 復旧

我が家のエアコンはシャープ製のAC-368TNで2018年製のエアコンです。

▼今回清掃するエアコン:シャープAC-368TN▼
シャープAC-368TN
シャープAC-368TNの拡大

エアコンを分解する

それでは作業に入っていきましょう。分解の前にまずはコンセントを抜きましょう

コンセントを抜く

絶対コンセントは抜いてください

フィルターを外す

前面パネルを両サイドからパコっとして
前面パネルを外す
フィルターをつかんではずす
フィルターを外す

前面パネルを外す

パネルについている液晶部分のねじを外して
パネルのねじを外す
ねじを外した後
上部の引っかかりを横にスライドさせて外す
前面パネルをスライドさせて外す
前面パネルを外した後

ルーバーを外す

ルーバー中央の留め具を引っこ抜いて
ルーバー中央の留め具
留め具を外す
外れた留め具
ルーバーをたわませて
ルーバーをたわませる
左側から抜く
ルーバーを抜く
ルーバーを抜いた後

カバーを外す

カバー下部のねじを外していく
カバーのねじを外す
電装部の中にもねじがあるので忘れずに
電装部のねじを外す
隠してあるねじも外す
ここだけねじ長さが長い
隠れねじを外す
ねじを外したら上部に3か所あるツメを外す
上部のツメを外す
ツメ
ツメの様子
かなり固く引っかかってるのでパワーでなんとか外す
爪の拡大図
外れた
ツメが外れた後
ツメが外れたらカバーを引っ張る
カバーを引っ張る
完了
カバーが外れた後

分解した部品は水洗いする

外したこれらは風呂場なんかで水洗いする。

外した部品

エアコン周りを養生する

分解してエアコンの内部が出てきたので、濡れるとやばい電装部分と壁を養生していきます

電装部をポリ袋と養生テープでがっつり養生
電装部養生
ギリギリを攻めずにちょっと余裕をもって面積広めに養生
電装部養生完了
バイクカバーで垂れた水を集めるように
バイクカバー取付
しっかりとテープで止めていく
バイクカバーをテープで取付
エアコン上部も水はねがあるのでポリ袋で養生
バイクカバー取付完了
バケツに水がたまるようにして養生完了
バイクカバーで集水

エアコンを洗浄する

そしたらいよいよ洗浄していきましょう

熱交換器(フィン)の洗浄

エアコン洗浄スプレーをかけていく

スプレーをかける

フィンの向きにあわせて上下に動かしながら全体にかけていく。スプレーが無くなるまで数往復かけ続ける。

まるまる1本使い切らないとダメです

スプレーの水分は排水パイプを通って勝手に外部へ流れます。スプレーが終わったら熱交換器は10分放置です。

吹き出し部分・送風ファンの清掃

送風部分から中性洗剤を吹きかける。

奥のローラーはくるくるさせて全体に泡をかける
中性洗剤をかける
ブラシで全体をゴシゴシ
ブラシで洗う
霧吹きで泡を全部流していく
泡を霧吹きで流す

流す作業が手動霧吹きだとめちゃめちゃ大変でした。ちょっといい噴霧器を使った方がよかったです

流した水は真っ黒で引いた
流した水は黒い

エアコンを復旧する

納得いくキレイさになったのでもとに戻していきます。

掃除後のカビが取れたエアコン
内部の水滴は取り切れないので、復旧終わったら内部洗浄を15分くらいやって水分を吹き飛ばす
内部洗浄

内部洗浄(送風、なければ冷房)をすると水滴が降ってくるので、送風部分にタオルを当てておかないとびちゃびちゃになります

以上でエアコンクリーニング完了です

エアコンの手入れを自分でやって変な匂いを防ごう

本記事では「エアコンクリーニングを自分でやってみたので掃除の仕方を説明します」ということで、エアコン洗浄を本気出してやってみました。

見た目がとってもきれいになって、カビ臭さも改善することができました。特に故障することもなかったです。

業者に頼まなくてもできましたね。1万円以上お得になった気分です。

エアコン掃除で苦労した点

エアコン掃除で苦労した点は以下の点です。

  • カバーを分解するとき、上のツメが超固い
  • 霧吹きは手動だとしんどすぎる。シュッシュしすぎで手がツル
  • バイクカバーの養生はこれでもか!ってくらい念入りにやっとかないと水が床や壁についてしまう

反省する部分は多くありました。分解しているときに排水配管が外れちゃって水がダーッと漏れたのも大変でした。

ここが外れて水漏れした。なんとか直せてよかった
エアコン配管

エアコン掃除を自分でやって良かった点

  • お金が1500円程度でできたところ
  • 思ったより簡単だったところ
  • エアコン構造が理解できたところ
  • カビ臭さが無くなったところ
  • エアコンの効きが良くなったところ

エアコン掃除にかかった時間

我が家には3台のエアコンがありまして、1個目の掃除は試行錯誤しながらだったので午後目いっぱい6時間くらいかかりました。

3個目は要領がわかってたので2時間で完了しています。

エアコンクリーニングを自分でやるときは自己責任でお願いします

エアコン内部の洗浄は、高い専門知識が必要です。お客様ご自身が、市販の洗浄剤で洗浄されますと、水漏れ・破損・故障・発煙・発火の原因となります

エアコン取説より

実際私も作業中に水漏れを経験しました。なんとか復旧しましたけど大変です。また、エアコン発火のネット記事も探せばすぐ出てきます。

参考リンクエアコン内部洗浄で発火の恐れ 「業者に依頼を推奨」

エアコンクリーニングをする際は、そういった危険性を理解したうえでやってください。

「私にはちょっと無理かな」と思った方は安全第一で業者さんにお願いするのがいいと思います

個人でやってるおじさんを呼ぶよりは、全国展開しているダスキンとかイオングループとかで呼ぶのが簡単で確実ですよね。
ダスキンのクリーニングダスキンのエアコンクリーニング
イオングループの業者さん【防カビコート無料】エアコンクリーニングならカジタク

▼予約はネット完結▼

以上、最後までお読みいただきありがとうございました

コメント